鵞足炎とは?ランニング再開までの安静期間は?


スポンサードリンク

マラソンを続けている人には、
「鵞足炎」というランナーの怪我の中でも、代表的な怪我があります。

マラソンを始めて、走る楽しさを覚えてきた。

しかし、そんな時に足の痛みを感じたり、
体を故障してしまうという事は、
マラソンを始め、スポーツにおいてつきものです。

この「鵞足炎」とはどういった症状なのか、
鵞足炎と診断されたらどれくらいの期間安静にしたら良いのか、
鵞足炎の予防法などを紹介します。


スポンサードリンク

鵞足炎とはどんな症状?


実際に鵞足炎で困っている、悩んでいる人も多いので、
始めに言っておく事は「鵞足炎は必ず治る」という事を伝えておきます。

鵞足炎の症状は、

「膝の内側の痛み」
「膝のお皿周辺の痛み」
「膝が腫れる」
「長時間の歩行や、ランニングを行うと痛む」

というのが一般的な症状です。

鵞足炎になる原因は?

鵞足炎になる原因としては、

「トレーニングのしすぎ」
「X脚」
「過回内」

が挙げられます。

具体的に説明すると、膝の内側に「鵞足」という部分があり、
この鵞足部が膝の屈伸を繰り返したり、
ランニングなどで使い過ぎる事により、
膝の内側にこすれた結果、炎症を引き起こすというのが、一般的な原因です。

痛みを我慢したり、初期段階で早期に治療を行わなければ、重症化する事も考えられます。


スポンサードリンク

鵞足炎発症からランニング再開までの安静期間はどれくらい?

もうすでに鵞足炎になっている人でも、
痛みの具合によっては鵞足炎と気づかずにトレーニングを続けている人もいるでしょう。

鵞足炎は必ず治る症状です。
しかし、痛みを我慢したり、
無理にトレーニングを重ねると治るものも、治りません。

しっかりとした治療が必要です。

治療方法は、

  • サポーターを着用する
  • 湿布を貼る
  • アイシングを行う
  • ストレッチを行う

などが挙げられます。

さらに、整形外科のような医療機関では、
電気治療やマッサージなどが受けられるので、
早期回復が期待できます。

鵞足炎になってからランニングを再開するまでの期間としては、
治療方法などによっても個人差がありますが、

整形外科などで専門的な治療を行えば、一週間程で効果は現れます。

自宅でもストレッチやアイシングを続け、
「痛みが無くなったらランニングを再開しても良い」という診断を受けられます。

自宅で自己流の治療を行い、
痛みが無くなったからランニングを再開しても、
再発の可能性は高くなります。

専門的な治療や、専門の医師との相談の元、
安静期間を設定する事が理想と言えます。

鵞足炎にならないための予防法は?

鵞足炎になる原因は「足の使い過ぎ」です。

しかしランニングを行う以上、
普通の人よりは足を動かす機会が多く、
鵞足炎になる可能性も高くなります。

ですが、鵞足炎を予防するためには、

  • 膝周辺のストレッチ
  • 股関節、太腿の内側、太腿の裏側の筋力トレーニング

も効果的です。

鵞足炎に効くストレッチは以下の動画がおすすめです。

ストレッチを行う際のポイントとしては、

  1. ゆっくりと、徐々に筋肉を伸ばしてほぐす
  2. 100%の力では行わず、80%くらいの力で筋肉を伸ばし、静止させる
  3. 痛みが伴わない程度に行う
  4. 呼吸を乱さずに行う

この4つを意識してストレッチを行いましょう。

又、運動前の準備運動に取り入れたり、
風呂上がりは筋肉が温まるので、
風呂上がりに行うと、更に効果アップの期待がもてます。

鵞足炎についてまとめ

鵞足炎はマラソンを行う人にとっては「天敵」とも言える怪我です。

しかし、必ず治る怪我でもあるので、自己判断でトレーニングを続けたり、
自己流の治療を行うのではなく、しっかりと医療機関に頼り、専門的な治療を受ける事が大切です。

ランニングを行う前には、鵞足炎予防のストレッチを必ず行い、快適にマラソンを楽しめるようにしましょう。


スポンサードリンク

パフォーマンスを向上したくありませんか?

オリンピックでの使用実績もあるサプリメントです。
初回は75%オフで購入できお得ですよ。

11802

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*