朝走ると昼間仕事で眠くなる?疲れを残さない方法は?


スポンサードリンク

ダイエットや、健康維持のために適度な運動をしたい。
でも日中は仕事や家事で忙しく、なかなか時間がとれない。

そんな中、仕事までの時間で「朝に走る」という人もいるでしょう。

しかし、朝走る事で「仕事中や、日中眠気に襲われる」という悩みを抱える人もいると思います。

「眠くなる」=「寝不足」というのが一番の理由と考える人も多いかと思いますが、
実は、眠くなるのには様々な理由があり、その対応策もあるのです。

今回は朝に走っても疲れを残さない方法や、日中眠くなってしまう原因を紹介していきたいと思います。


スポンサードリンク

朝走ると昼間の仕事で眠くなる?その原因は?

朝走る事で日中眠気に襲われる原因をいくつか紹介します。

寝不足

一番の原因が「寝不足」だと思います。
朝走るという事は、普段の起床時間よりも早く起きる事になります。

それに比べて就寝時間を早めているでしょうか?
睡眠時間が短いと、日中も眠気の原因に繋がります。

低血糖

あまり知られていないかもしれませんが、「低血糖」を起こしてしまうと、眠気に襲われます。

その低血糖を引き起こす原因が、「空腹時に体を動かす事」なのです。

又、運動後に失ったエネルギーを補給しないでいると、低血糖を引き起こす原因になります。

体温調整

体温が急上昇、急低下していく過程で、眠気に襲われる事があります。

運動中は体温が上昇し、運動後は体が体温を自然にい戻そうとするので、高まった体温が下がっていきます。

その間にウトウトと眠くなる事があるのです。

お風呂上がりなどに眠くなるのも、入浴中に体温が上昇し、入浴後には体温が低下する事が原因なのです。


スポンサードリンク

朝ジョギングの疲れを残さない方法はある?

朝走った後に疲れを残さない、日中に眠気に襲われない方法をしょうかいします。

睡眠時間を調整する

朝走る事で睡眠時間が減っているなら、
就寝時間を普段より早める事が、日中眠気に襲われない一番の近道と言えるでしょう。

朝走るために1時間早く起きるなら、
普段よりも1時間は早く眠るといったリズムが理想的です。

走る前後に糖質を補給する

空腹時に体を動かすと、低血糖を引き起こし、眠気の原因になると説明しました。

走る前にバナナ1本などの軽食を摂ること、
ランニング後はしっかりと朝食を摂ることで、
低血糖による日中の眠気は抑えられます。

隙間時間に仮眠をとる

10分や15分などの仮眠は効果的です。

通勤中の電車や、
早めに出社し、勤務時間までの間に仮眠をとるだけで、
1日をスッキリと過ごすことができます。

体温の上昇と低下の過程による眠気は防ぐことが難しいので、
どこかのタイミングで仮眠がとれると疲れも取れます。

又、眠りすぎると逆に眠気がおさまらなくなるので、
10分〜15分の仮眠がベストと言えるでしょう。

昼食を食べ過ぎない

これは以外と知られていない事で、
食事を摂りすぎて満腹になると眠くなりますよね!?

あれには理由があり、満腹になると血液が胃に多く集まります。
そのため、脳への血液が減り、脳の活動量が低下し、眠気に繋がるのです。

なので、昼食は消化の良いものを、
腹八分程度に抑える事をおすすめします。

カフェインに頼る

体を動かしたらある程度の疲れは残ります。

職場の環境が眠気を誘う環境(暖房が効いているなど)であれば、
どんなに睡眠時間を確保していても、眠気に襲われてしまいます。

そこまで悩む人であれば、
コーヒーなどでカフェインを摂取し、脳を覚醒させるのも一つの方法です。

ただ、注意しなければならないのは、
カフェインには利尿作用があるので、
ランニング前後や、ランニング中の水分補給には避けてください。

朝のランニングで昼間疲れるまとめ

朝走る事で疲れてしまい、日中眠くなったり、逆に、目が覚めるという人もいます。

体を動かすと疲れるのは仕方がない事なので、
上記の対応策を参考にしながら、自分に合った眠気防止を見つけて下さい。


スポンサードリンク

パフォーマンスを向上したくありませんか?

オリンピックでの使用実績もあるサプリメントです。
初回は75%オフで購入できお得ですよ。

11802

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*