走ると歯が痛い原因は?虫歯?蓄膿症?


スポンサードリンク

走っていて一度、歯に痛みがでたことがあります。

その時は、数日したら治ったのですが、やはり原因がわからないと不安ですよね。

今回は走ると歯が痛い原因について書いていきます。


スポンサードリンク

走ると歯が痛い原因として考えられるものは?

ここでは専門的な話は出来ませんが、私が調べた限りでわかった範囲をお伝えします。

ここで調べて安心するのではなく、まずは第一に歯医者に診てもらうようにしましょう。

それで、走ると鼻が痛い原因ですが、

  • 虫歯の可能性
  • 噛み合わせの可能性
  • 副鼻腔炎(蓄膿症)の可能性

が考えられます。

虫歯が原因なら分かりやすいかと思います。
まずは歯医者に行って虫歯の有無を確認し、治療すればいいだけです。

また、かみ合わせの問題も歯医者でチェックしてもらえば、
解決します。

わかりづらいのは、副鼻腔炎による歯痛の可能性でしょう。

走ると歯が痛いのは、副鼻腔炎(蓄膿症)が原因?

走ると歯が痛いので歯医者に行っても「異常なし」の診断が出ることもあります。
そんなとき考えられるのが、副鼻腔炎(蓄膿症)の可能性です。

副鼻腔とは、鼻の奥の8つの空間のことで、
ここが炎症を起こすと、副鼻腔炎となります。

3ヶ月以上炎症が長引くと、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)となります。

走ると歯が痛い場合、副鼻腔のうちの1つ、
上顎洞(じょうがくどう)が炎症を起こしていることが考えられます。

この上顎洞に溜まったウミなどが走るときに揺られ、歯の根っこの神経を刺激するようです。
この時痛むのは上の歯が主に痛みます。

軽いものであれば、放って置いても治りますが、
いつまでも直らない場合は、耳鼻科の診察が必要でしょう。

上顎洞炎には2つの原因が挙げられ、

  • 鼻が原因の上顎洞炎
  • 歯が原因の歯性上顎洞炎

があります。


スポンサードリンク

鼻が原因の場合

直近で風邪やインフルエンザなどにかかっていたら、鼻が原因の上顎洞炎も考えられます。
また、慢性的な鼻炎も原因となるでしょう。

歯が原因の場合

虫歯や歯周病を放っておくと、歯と隣り合わせの上顎洞へ菌が入り、
その菌が死滅することでウミとなります。

歯が原因の場合は、虫歯や歯周病など歯医者にいけば、分かりやすい診断をもらえます。
その際は耳鼻科も大事ですが、まずは歯医者さんの指示に従いましょう。

走ると歯が痛い原因まとめ

走ると歯が痛い原因は

  • 虫歯
  • 噛み合わせ
  • 副鼻腔炎(蓄膿症)

の3つが考えられます。

虫歯と噛み合わせは歯科でみてもらえますが、
副鼻腔炎の場合は、耳鼻科でないとわからない場合もあります。

まずは、歯医者に行ってみて、もしも以上がないと言われたら、耳鼻科に行ってみましょう。


スポンサードリンク

パフォーマンスを向上したくありませんか?

オリンピックでの使用実績もあるサプリメントです。
初回は75%オフで購入できお得ですよ。

11802

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*