走ると顔が赤くなる?運動後の赤ら顔の原因と治し方!


スポンサードリンク

走ったり、長めの運動をしたりすると顔が赤くなることがあります。

このような運動後の赤ら顔は肌質や体質が関係しています。

今回は、ランニング後、運動後に顔が赤くなる原因と治し方について書いていきます。


スポンサードリンク

走ると顔が赤い!運動後の赤ら顔の原因は?

まず、赤ら顔になりやすい人の肌質として、

敏感肌、乾燥肌、脂性肌、インナードライ肌

等が挙げられます。

これらの肌質を持っている方は、
ちょっとした刺激でも皮膚の毛細血管が反応してしまいます。

顔の皮膚も薄いため、毛細血管が拡張すると、
血の色が表に現れやすいのです。

赤ら顔の原因としては、いくつか考えられます。

肌への刺激
ストレス
ニキビ

など、他にもあります。
ランニングなどの運動後に顔が赤くなる原因としては、

一番考えられるのは、「運動不足」でしょう。
次に「元々の肌質」が原因として考えられます。

運動不足が原因で顔が赤くなる?

日頃あまり運動をしない方は、汗腺が発達しておらず、
運動をしてもあまり汗をかかないという人も多いです。

走っているのに汗をかかない、すると、その熱を発散させる事ができず、
体内に熱がこもります。

けど、何とかして熱は発散させなければいけません。

そんなときに、顔にたくさん存在する毛細血管に血液が集中することで、
熱を発散させようとするのです。

顔の皮膚が薄いとその血液が透けて見えて、顔が赤く見えてしまうわけです。

これを解消するには、やはり日頃からの運動が一番です。

毎週2,3回軽いジョギング程度でもいいので、走るようにしましょう。
ジョギングがきついなら、ウォーキングでもOKです。

日頃の運動はストレスの発散にもなりますので、
ストレスを原因とする赤ら顔の解消につながりますよ。


スポンサードリンク

肌質が原因で顔が赤くなる?

運動不足が原因だと言っても、ちゃんと定期的に走っているし、
それでも収まらないんだ。

という方もいるでしょう。

もしかしたら、体質も関係しているかもしれません。
上でも挙げましたが、

敏感肌、乾燥肌、脂性肌、インナードライ肌

などの肌質を持っていると、顔の皮膚も薄く、
ちょっとした刺激でも毛細血管が拡張します。

そして、皮膚が薄いために血の色も透けて見えてしまうのです。

このとき、顔が赤くなるということは
血流が良くなっているから、と思っていませんか?

もしかしたら、顔が赤くなっているということは、
顔の皮膚にある毛細血管で血流が滞っているのかもしれません。
毛細血管で血液がうっ血して、顔が赤くなっているわけですね。

こうしたうっ血にはビタミンKが良いとされています。
ビタミンKには血栓を溶かして、血液の流れを良くする効果があると言われています。

例えば、化粧水などでもビタミンKを配合した物が売っています。
これを直接肌に塗れば毛細血管の血流を促すことが分かっています。

自律神経の乱れが原因のことも?

自律神経が乱れることで、体内のめぐりが滞り、カーっと顔が赤くなることもあります。

運動後やお風呂上がり、寒暖差の激しところなどでは特にこの状況になりやすいでしょう。

体内のめぐりにアプローチしたサプリメントです。

体内のめぐりにアプローチすることで、透明感あふれる肌へと導いてくれます。

初回1020円OFFなので、大変オトクです。
ページには、使用した人の声も載っているので、参考にしてみてくださいね。



赤ら顔(ほてり・のぼせ)専用サプリメント ウルウの詳細はこちらをクリック!

赤ら顔の化粧水

上記は飲むサプリメントでしたが、こちらはビタミンK配合の化粧水です。

以下のSKIN&LABの商品があります。

主な機能として、赤ら顔の改善を掲げており、
ビタミンKも配合されているため、期待度もとても高い化粧水です。

赤ら顔のメカニズムやビタミンKのメカニズムについても
↓詳細ページで解説されていますので参考にしてみてくださいね。

【赤ら顔化粧水】詳細はこちらをクリック!

走ると顔が赤くなる、運動後の赤ら顔の原因と治し方まとめ

赤ら顔にはいくつかの原因が考えられます。

中でも運動後の赤ら顔の原因としては、

運動不足
肌質の問題

が考えられます。

上記記事を読んで対策をしてみてくださいね。
それでは。


スポンサードリンク

パフォーマンスを向上したくありませんか?

オリンピックでの使用実績もあるサプリメントです。
初回は75%オフで購入できお得ですよ。

11802

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*